コスメにまつわる独り言!!

知っての通り敏感肌は、大変傷つきやすいので、洗顔が

知っての通り敏感肌は、大変傷つきやすいので、洗顔が適切でないと、肌の調子が悪くなる場合があるでしょう。



クレンジングをする時、力をいれて顔を洗ってしまいがちですが、お肌の弱い人は、顔を強く洗うと、特に肌のトラブルを起こす可能性があるのです。



正しい洗顔方法を守ってデリケートなお肌と付き合っていきましょう。
お肌の乾燥が気になるという方は多いと思いますが、スキンケアのやり方を変えるだけで見違えるように肌質が向上します。

洗顔石鹸をもこもこに泡立てて洗い、ぬるま湯で洗い流すという方法で乾燥肌とさよならすることができるのです。反対に、お肌を乾燥指せてしまう洗顔方法は拭き取り型の洗顔シートを利用することです。



だいじな皮脂(過剰に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)もとってしまうので、このスキンケアは推奨できません。

ここ最近では、美容家電が世に浸透して自宅にいながらまるでエステをうけているかのようなスキンケアができるのがかなり嬉しいことです。

アンチエイジングができる家電に今目がありません。
若いうちからコツコツとエイジングに関するケアをしていると、2,3年後のお肌が違ってくるかもしれないと思うので、努力しています。皮脂(過剰に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)が過剰気味な肌の場合、肌全体に水分が行き届いているように見えますが、実は水分が十分ではない状態、というケースが多々あるでしょう。肌の表面にカサツキが見られないのは、脂っぽい肌は皮脂(過剰に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)分泌が次々とされているのですので、外的な刺激による乾燥は防げる傾向が多いためです。しかし、肌のトラブルを引き起こすのはこの皮脂(過剰に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)ですから、顔を洗って、丁度よい状態まで洗い流すことが必要です。



最近では、オールインワン化粧品がすっかり生活に馴染みましたね。



中で、エイジングケアを扱ったオールインワン化粧品には、各社とも惜しみない力を注いでいるようです。

配合成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどのような保湿と結びつくものが少なくありませんが、アスタキサンチンが話題になっていることもあり、赤く染まったエイジングケア化粧品がたくさん出てきています。肌のくすみを引き起こすものとして、紫外線や肌の新陳代謝の乱れが挙げられるという説もあるでしょう。お肌の不調を本来の調子に戻してくれるものにアロマオイルがあるようです。特に、新陳代謝を高め、ターンオーバーを促してくれるネロリや、血の巡りをよくしてくれるゼラニウムなどは、くすみに最適です。持ちろん、マッサージに使うのもよいですし、数滴をスチームの容器にたらしてみて利用してみてはいかがでしょうか。
お肌の加齢を抑えるためには自分の肌質に合う化粧水、コスメをチョイスすべきだとされているのです。
自分ひとりではなかなか見つけられない場合は、店内の美容担当者に相談してみてもいい方法だと思います。
私も自分ではさまざまと迷ってしまう時にはちょくちょく活用しています。人はそれぞれで肌質は違っています。


普通肌、乾燥肌、敏感肌など、多種様々な肌質があるでしょうが、とりりゆう、敏感肌の人は、どんな肌のお手入れ商品でも適しているとは言えません。
万一、敏感肌用以外のスキンケア商品を使用した場合には、肌にわるい影響を与えてしまうこともあるので気にかけましょう。肌荒れが酷く、どうしたらいいか分からないときは、皮膚科に行き相談して下さい。


荒れた肌用の保湿剤やビタミン剤などを必要に応じて処方してくれます。



さらに、早寝早起きで質の高い眠りをたくさんとるようにして、ビタミンやミネラルを多く含む食べ物を積極的に摂ることが必要です。出産後と、それにつづくしばらくの期間の女性の身体は長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、多種様々なトラブルを経験します。肌荒れやシワなどといった、肌に現われる異変も自覚しやすく目立ちますから、悩まされている女性は多くいます。


プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えたことで急に減り、これにストレスや生活習慣(健康に良くないことを続けていると、生活習慣病を呼ばれる疾患になってしまう可能性が高くなります)の激変もあって肌のバリアが弱り、乾燥しやすくなるのです。乾燥肌は大抵の場合、敏感肌でもあるでしょうので、できれば無添加で低刺激の基礎化粧品を使ってとにかく保湿をだいいちに考えたスキンケアに努めましょう。

とはいえ、あまり時間もとれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かもしれません。
Copyright (C) 2014 コスメにまつわる独り言!! All Rights Reserved.